苗に育てるまでが一番難しい

無農薬の野菜苗栽培野菜づくり成功の秘訣は、「良い種や苗をどうやって手に入れるか?」という、種や苗選びの段階がいちばん大切です。
品種にもよりますが、家庭菜園を始める方でしたら、苗を手に入れ、苗の植え付けから始めると、失敗が少なくて済みます。
野菜だけでなく、植物全般にいえることですが、種が発芽し苗に育つまでは、生育管理がとても大変なのです。水、気温、日光、肥料など、苗に育つための好条件を整えなければならず、弊社のように、苗を専門に育てる業者が必要とされる理由は、苗に育つまでが一番デリケートで難しいからです。農業では、「苗半作」といって、苗づくりが成功したら野菜づくりは半分成功したようなものだといういわれるほど苗づくりは重要ということです。

種から?苗から?

しかし、全ての野菜が苗から始めなければならないかというとそうではありません。種から始めても、苗に育つまでにほとんど手間がかからないものもあり、それらのものは種から栽培しても大丈夫です。種から始める代表的な品種は、ダイコン・ニンジン・ホウレンソウ・コマツナ・カブ・トウモロコシ・エダマメなど、比較的、発芽しやすい性質の野菜です。
一方、苗から始めるものには、トマト・ナス・キュウリ・ピーマン・トウガラシ・ハクサイ・イチゴなどがあります。
最近では、収穫を求める家庭菜園が多くなり、種から始めるのが常識だったハクサイやトウモロコシなども、苗で売られるようになってきています。これらの品種も、苗から始めた方が手間がかからず失敗する確率も低いので、良い苗を探してみてもよいでしょう。

良い苗の選び方

とにかく元気な苗を選ぶに限ります。例えば、ホームセンターなどで販売されている苗の中には、大量生産用に育てるため、たくさんの農薬のお世話になっていて、苗の育ちにもバラツキがあり、見極めが必要です。信頼性は高い、良い苗に出会うには、生産履歴の表示を見て、産地、生産者名、農薬使用の有無など、苗の生い立ちを確認してから買うことをおすすめします。
実際、生産農家は、苗を苗業者に注文し、その苗から野菜を生産しています。最近では家庭菜園でも、苗業者から苗を直接取り寄せる方も増えています。苗業者であれば、注文通りに苗が育ってから受け渡してくれますから、確実で安心です。また、無農薬栽培で野菜をつくりたいという方からは、薬剤を一切使わない、無農薬で育った苗の注文があります。無農薬で育てられた苗を探すのは一苦労で、これは、無農薬で苗生産する業者が判らないと、手に入りにくい苗です。少し高価になってしまいますが、無農薬の苗を求めている人たちから人気があります。
* 茎が太く、根がしっかりしている。
* 葉が小ぶりで色が濃い緑色をしている。
* 節と節の間が詰まっていて、だらりと伸びた印象がない。
また、芽や葉の色が黄色や茶色に変色していたら、肥料不足や病虫害を受けている可能性もありますので、葉の裏なども丹念にチェックしましょう。

無農薬野菜の家庭菜園セット

無農薬苗栽培セット【ベジポット】デルモンテトマトシリーズ
無農薬栽培にこだわった、デルモンテトマトの家庭菜園セットです。無農薬で育てた苗、無農薬栽培用の土、酵素肥料など、弊社のノウハウが全て詰まったセットです。1セット 4,000円~ ご購入・詳細