T&Tナーサリー営業の篠原です。

様々な肥料が販売されていますが

植物の元素の構成比は振れ幅はありますが

だいたい同じ構成になっていることが多いです。

NPKの三大要素の肥料をよく見かけますが

植物構成比とはかけ離れている場合が多いようです。

それには様々な意図があるとは思いますが

その意図を理解して用いることがとても大切と思います。

一般的に養液栽培で使われている肥料は

振れ幅はありますが大まかに植物構成比の沿っています。

総合の肥料を用いても構いませんし、単肥を調合しても構いません。

微調整は単肥を加えて調整する方法がとられる場合が多いようです。