農薬を使わずに栽培することが大切なのではなく

病気や害虫を野放しにすることも大切ではありません。

出ないように栽培をコントロールするのが大切です。

気象変化はあるので、人間同様に風邪を引くように植物も一時的には病気になります。

さて、大切なのは傾向です。

この時期になると病気が増える、この事柄があると病気が増える、この周辺は病気が多い。

害虫などの被害も同様ですが傾向に偏りがあるものは

実はとても対処が打ちやすいことが多いです。

そしてその偏りこそが栽培のヒントになります。

ではその対処の方法は?栽培のヒントは?どこにあるでしょう?

本には書いてありません。

大切なのは知識ではなく考えることと観察することです。

もちろん知識が全くゼロでは考えられませんが、知識に溺れると考えることを放棄しやすいので

考えていただくことが重要です。

「ウドンコ病が出る」「定植後害虫が出る」「収穫前に病気が多い」「雨が降ったら病気になる」

実は簡単に対処できる場合があります。

お困りでしたらご相談ください。